2024年4月1日から五種混合ワクチンと15価肺炎球菌ワクチンの定期接種が開始となります。

五種混合ワクチンは従来の四種混合ワクチンとヒブワクチンを合わせたもので、新規の(生後2ヶ月からの)接種の方は4月から五種混合ワクチンを使用することになります。今まですでに四種混合ワクチンで接種を開始している方は原則としてそのまま四種混合ワクチンの継続となるのでご注意ください。

今までの13価肺炎球菌ワクチン(プレベナー)に加えて15価ワクチン(バクニュバンス)が定期接種として採用されました。15価ワクチンの方が肺炎球菌の種類のカバー範囲が広くなり副反応に大きな差が無いことより当院では4月1日より肺炎球菌ワクチンはこちら(15価)に変更する方針としました。